福羽美静と招魂社の思想

 靖国神社の起源は、文久二年十二月津和野藩士福羽美静らが、京都東山の霊山(りょう...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人心ヲシテ倦マザラシメン事ヲ要ス

幕末期の混乱の中で争った勢力を比較評価するならば、尊王攘夷派の方がはるかに因循姑...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天領と藩領

明治から昭和初期に掛けての日本は、近代国家だったのか、あるいはその頃の日本はどの...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テロリズムから生まれた明治維新

前項と前々項では、ペリー来航から桜田門外の変(1853年-1860年)に至る政治...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

武士と天皇

「天皇に対する武士的忠義」、日本の歴史上それが如何に矛盾したものであるかを考えて...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それは水戸学から始まった

ペリー来航直後の幕末初期政治過程を主導したのは、水戸藩と彦根藩の確執である。 幕...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

近代国民国家とは何か

近代国民国家とは何か 19世紀から20世紀前半にかけての日本を考える上で、この国...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天皇は霊能者か

女性女系の天皇を認めるか否か。皇室典範改正の可否をめぐる論議の中で、天皇は男系男...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歴史を認識する

正しく歴史を認識するとは、どういうことか。 歴史は、無数の事実の集合である。歴史...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我らと我らの子孫のために(はじめに)

はじめに 本稿を起こす契機となったのは、平成十八年九月二十六日の安部内閣の発足で...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«第11章 憲法の改正と国民投票